就活で好印象!リクルートスーツもオーダーでモチベーションもアップ!

リクルートスーツとは、就職活動の際に着用するスーツのことを指します。第一印象が肝になる就職活動では、無地でシンプルなデザインに誠実さや真面目な印象を与えてくれる色が好まれます。面接を希望する職種によって、面接官が注目するポイントも違いますので、適切な色やデザインを使い分けることが重要になってきます。

就職活動の時期になると、リクルートスーツの着用機会が増えていきます。安価な既成のリクルートスーツを買う方も多いようですが、使い勝手がいい上質なオーダースーツを1着持っておくことをおすすめします。

Contents

就職活動でチェックされる身だしなみ

会社説明会や面接などの際には身だしなみをしっかりと整えてから臨むことが大切です。
特に面接のシーンでは採用担当者からの注目を一身に浴びることとなりますが、最初に目に付くのが身だしなみです。

スーツで良い印象を与える

身だしなみは第一印象を大きく左右すると言われています。
着こなしやサイズ感、センスなどによって、相手が受ける印象は違ってきます。
見た目の良し悪しだけで採用の可否が左右されるわけではないものの、身だしなみの細部にまで気を配れる人物と判断してもらえた方が有利になる可能性が考えられます。
スーツの選び方だけで、このように人間性までも見られてしまう場合があることを踏まえると、オーダースーツで良い印象を勝ち取るのが就活を成功させる秘訣のひとつと言えそうです。

リクルートスーツの選び方

リクルートスーツは、おしゃれとは別物と考えましょう。
自分の好みやトレンドだけを基準に着たいものを着るというわけにはいきません。
社会人になる第一歩として、良識を踏まえた適切な就活スーツ選びをしましょう。
では、リクルートスーツを選ぶうえでどのようなポイントがあるのでしょうか?

まずはスーツの色選びからです。就活スーツを選ぶうえで、まずは”どの色を選ぶべきか”と悩まれる方が多いのではないでしょうか。スーツの色は、基本的には黒・濃紺・グレーといったダークカラーがよいでしょう。
グレーやベージュなど明るい色のスーツはなるべく避けましょう。面接時などはあまり良い印象を与えません。リクルートスーツは面接時だけでなく、企業説明会やインターンシップなど着用機会も多いものです。どのような色が自分に合っているのかも考慮しながら購入しましょう。

リクルートスーツの柄は無地が無難です。
ビジネススーツになると、ストライプやチェック柄などバリエーションが豊かになりますが、就活スーツの場合は柄物はなるべく避けましょう。これもリクルートスーツの色と同様に面接官にマイナスの印象を持たれてしまう恐れがあります。業界や企業の社風にもよりますが、一般的な無地を選ぶのがベターです。

スーツにはそれぞれ生地に特徴があり、加工によってスーツの仕上がり方も異なります。
特に、就活スーツの場合には動きやすく、お手入れが楽に済むものを選ぶといいでしょう。
ストレッチ性のある生地を使えば、座ったり立ったりが多い就活時にも活躍すること間違いなしでしょう。

スーツを購入したのであれば、お手入れにも気を遣いましょう。
当たり前ですが、面接官は身だしなみや清潔感を確認しています。
シワだらけのスーツや、ホコリ・シミが付いているスーツに袖を通すのは、合否を判断する面接では特に避けたいものです。就活中は、こまめにメンテナンスすることを習慣化し、就活スーツを綺麗に着こなすことを目指しましょう。

ジャケットがだぶついていると着映えしませんし、野暮ったい印象を与えます。
仕事ができそうな印象を与えるためには、ジャストサイズのスーツが必要です。
オーダースーツなら、サイズの失敗とは無縁。シンプルなスーツで清潔感を演出しましょう。

なぜオーダースーツがおすすめなのか?

就活では、『清潔感』や『誠実さ』が重要なポイントです。
リクルートスーツがスーツデビューという方も多いはず。
量販店の既製品だと、サイズを見誤ってしまい、大きくダボッとしていたり、逆にタイトすぎたりと同じ就活生の中でも悪目立ちをする可能性があります。就活は面接官に対し、どんな第一印象を与えられるかがとても重要です。自分サイズのリクルートスーツをスマートに着こなしていれば、「この学生は誰だろう」と思ってもらえるかもしれません。
量販店と異なり、オーダースーツはご自身の体型に合ったスーツを作ることができます。
数少ないチャンスを無駄にしないよう、オーダースーツでのサイズ感にはぜひこだわってください。

就活のためとはいえ、本当はいいスーツが欲しいけれど予算の面では難しい。
オーダースーツは、「最低でも10万円以上するのでは」というイメージを持っていませんか?
実は、テーラーを選べば、既製スーツを買うのと同じくらい(数万円から)で購入することができるのです。
また、予算に合わせた提案もしてくれるので気軽にスタッフに相談してみましょう。

オーダー方法は『イージーオーダー』か『パターンオーダー』を選びましょう

就活スーツをオーダーする際は、いくつかのパターンからお客様の体型や好みに合うパーツをセレクトする『イージーオーダー』かあらかじめ決められたパターンから調整を行う『パターンオーダー』を選びましょう。フルオーダーだと完成に2ヶ月ほどかかりますが、イージーオーダー・パターンオーダーは最短2週間程度で納品可能です。
価格も数万円からなので、オーダースーツは『イージーオーダー』か『パターンオーダー』がおすすめです。

いつ頃から就活を始めるのか見当をつけて、間に合うようにオーダーしましょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

このようなコーディネイトによりスーツのグレードがさらに引き上げられるので、必ずお気に入りのスーツをお作りいただけると思います。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

スマートとエレガント、カジュアルやダンディなどを演出するのはオーダースーツの特権!

みなさんは、相手からどんな印象を受けたいですか?知的にスマートに・大人っぽくエレガントに・おしゃれでカジュアルに・ダンディになどさまざまです。
選ぶスーツやスタイリングによって、印象は大きく変わってきます。体型に合わせたスーツを作ることで、思い描いていた理想の自分に近づくことができます。それができるのは、オーダスーツのメリットといえるでしょう。

スーツを作ろうか迷っている方も、参考にしてみてくださいね。

Contents

スマートとは

「スマート」は、外見や服装が洗練されているという意味でも使われます。
例えば、スタイリッシュで上品な服装や外見を指して「スマートな服装」「スマートなスーツ」と言います。スマートカジュアルといった言葉があり、スマートカジュアルはドレスコード(服装規定)の1つとなっています。ドレスコードには、大まかにですが、格式の高いものから順に「フォーマル(正装)」、「セミフォーマル(準正装)」、「インフォーマル(略礼服)」と呼ばれるものがあります。そしてインフォーマルの次に位置するのがスマートカジュアルだとされています。スマートカジュアルはこれらの中では最もカジュアルな服装ということになります。

スマートな印象を演出する着こなし

スーツをスマートに着るためには、サイズ感を重視しましょう。
例えば、ジャケットを合わせるときは、肩幅で合わせるように心がけましょう。
肩が合っていないジャケットは、みっともなく見えてしまい、スマートさが欠けてしまいます。
肩が落ちていないかなど、ジャケットを購入する前にしっかりとチェックしておきましょう。

また、パンツの丈にもしっかりと気を配ると、よりおしゃれなスーツの着こなしができるようになります。
ビジネスシーンでは、パンツの丈は裾が足の甲に軽く触れるくらいの丈「ハーフクッション」が主流になってきています。ダボッとせず、なおかつタイト過ぎない丈を意識しましょう。

スマートにスーツを着こなすためには、着こなしのマナーも重要なポイントです。
スーツのポケットには、物をたくさん入れないように気をつけましょう。
ポケットに物をたくさん詰めてしまうと、ポケットが膨らんでしまい良い印象とはいえません。

また、ジャケットのボタンをは全て留めずに、1番下のボタンは外しておくようにしましょう。
3つボタンの場合には、真ん中のボタンだけを締めます。そして、座るときには、ボタンを外すのがマナーです。これは、座ったときにボタンをしていることで、スーツにシワがよってしまうのを防ぐためといわれています。着こなしの基本的なマナーを守ることで、自然とスマートな印象を与えることができます。

エレガントとは

エレガントとは、上品や優雅であることを意味して、外見や所作が上品で優雅などといった使い方をします。
動作や行動が美しく、小慣れた印象を指す言葉でもあり、エレガントには奥が深い意味が込められています。洗練されていることもエレガントを意味しています。

エレガントな印象を演出する着こなし

エレガントな着こなしを目指している方は、色やデザインにも注目してみましょう。
おすすめは、ネイビーやチャコールグレーのスーツです。
クラシックな色を選ぶことでエレガントな印象を与えます。
しかし、注意していただきたいのが合わせるシャツやネクタイの色です。柄が大きく目立つ小物を合わせると、小物が浮いて見え違和感を与えます。
白や淡い色のシャツ、シンプルな柄のネクタイなど選ぶようにしましょう。
また、シンプルなデザインや微細なストライプ柄なども上品な印象を演出します。

エレガントな着こなしを行うためには、スーツを着るだけでなく着用時の姿勢や態度も重要になってきます。
せっかくスーツを購入したのに、猫背やすり足、威圧的な歩き方をしていると相手からもエレガントな印象は得られません。背筋を伸ばし、自信を持って歩くことで、よりエレガントな印象を演出できます。
着こなしだけでなく、歩き方や態度も気をつけるようにしましょう。

カジュアルとは

若い人からミドル世代まで気軽に着こなせるカジュアルスーツ。
最近では クールビズ・ウォームビズなど、ビジネス・オフィスカジュアルなど、ピシッとしたスーツの着こなしだけではなく、仕事スタイルによって様々な装いの選択肢があります。Tシャツやニット、スニーカーなどカジュアルなアイテムとの組み合わせも楽しむことができ、普段使いが可能なところも魅力の1つです。

カジュアルな印象を演出する着こなし

カジュアルにスーツを着こなす時は、シャツだとかっちりとしすぎてしまいます。
そのため、ジャケットの下にニットやネックセーターなど普段私服として着用している物を取り入れてみましょう。モノトーンで統一すれば引き締まった印象になりますし、抜け感を出したい場合はブラックのジャケットに色のはっきりしているシャツを合わせてみましょう。

ビジネスの場では、スーツに革靴が必須ですが、カジュアルスーツの場合は革靴よりスニーカーやローファーなどのカジュアルめの靴がおすすめです。
しかし、休日に合わせるような派手な色は避けるのがベターです。
革靴同様、黒やブラウン、ネイビーといった定番色をセレクトしておけば、まず間違いはないでしょう。
スニーカーの場合は、着こなしに軽やかさや清潔感をプラスできる白という選択もありでしょう。

ダンディとは

上品で洗練された男性のことを指す言葉です。
一般的に、ダンディは服装や外見だけでなく、教養や振る舞いにも気を配り、品位と自信を持った人物を表します。ダンディな服装とは、いわゆる流行やトレンドを追う「他人からオシャレに見られるファッション」ではありません。
ダンディな服装や装いというのは、「自分が何にこだわっているのか」ということを大切にしているのです。

ダンディな印象を演出する着こなし

靴下は⽇本⼈の男性において、もっともおろそかにされている部分とも⾔えます。
例えばスーツがばっちり決まっていても、学生が履くような靴下では台無しです。
フォーマルにおいてのダンディな装いの靴下は、スーツならば黒やグレー、濃紺が基本とされています。
また、靴とズボンの間からすね毛がみえるのも、カッコよくありませんから、足を組んだときにも、靴下が落ちないように、靴下は常に上げておくことが重要です。

ダンディなスーツは、伝統的でクラシックなデザインを特徴とします。
スリーピースやダブルといった、クラシックな印象のあるデザインなど古典的なスタイルが好まれています。同じ生地で作られたジャケット・ベスト・パンツがセットになった『スリーピース』は、洗練された上品さのあるアイテムで、ビジネスはもちろんフォーマルにも活躍します。
『ダブル』はジャケットのボタンが2列に並んでいるデザインで、より重厚感のある、大人っぽい印象を演出できます。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

お客様の目指したい自分像をお聞かせください。それに合わせたスーツの着こなしなどアドバイスさせていただきます。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

色で決まる印象!シーンや自分をこう見せたい!を叶えるのはカラー選びが重要

大事な会合の場や、婚活パーティーなど自分をよく見せたいという場面は必ずしも訪れます。
しかし、スーツの着用にはマナーやルールがあるためコーディネートを誤るとイメージダウンに繋がる可能性もあります。
今回はスーツの色が与える印象や、シーン別の取り入れたいカラーをご紹介していきます。

Contents

色は人に印象を与える

以外にも知らず知らずのうちに人間は色にコントロールされているのです。
仕事・ビジネスでは、社内、社外問わず多くの人と関わりあっています。
ということは、それぞれの色が人に与える印象・心理効果を理解することで、ビジネスシーンにおいてもっとコミュニケーションを加速させたり、信頼関係の構築に役立てることができるはずです。

色別にみるスーツが与える印象

日常で選ぶ色には、その人の性格や心理状態などが表れるといいます。
自分は相手にこう見られたい!という思いのある方は、相手に与える印象がどのようなものなのか、ぜひ参考にしてみてください。

グレーは協調性が高いので、どんな色にも馴染みます。
そのため、グレーのスーツを着こなす方は縁の下の力持ちタイプ。
トップを支える役割を担っている人が選びやすい色です。

《相手に与える印象》
・誠実
・品格がある
・信用できる
・思いやりがありつつも冷静に判断する

茶色のスーツは会社の中でも役職についている方や、地位が高い人から好まれやすい色です。
若者より、年輩の方が着ているイメージがありますよね。
茶色のスーツは他の色と比べて個性が強いので、着こなすにはセンスが必要になってきます。
上手く着こなせば、渋さや貫禄が出てかっこいい印象を与えます。

《相手に与える印象》
・信頼感を与える
・温かみを感じる
・包容力と安心感
・個性的なイメージ

紺色はスーツの定番色として、多くの方が着用していますよね。
見る人によっては、無難な色という印象があるかもしれませんが、紺色を選ぶ人は直感力が優れている人です。また、物事を冷静に判断することができます。

《相手に与える印象》
・知的なイメージ
・落ち着きがある
・控えめに見える

黒色のスーツを着用する方も多くいらっしゃいます。
リクルートスーツや冠婚葬祭など様々なシーンで使用されています。
紺色同様、無難な色と思われがちですが、フォーマル用途とそれ以外の用途とで選ぶ生地の種類が変わるので普段使いのスーツとしてなら印象も大きく変わります。

《相手に与える印象》
・高級感
・ストイックさ
・男性らしく見える

シーン別スーツのベストカラーは?

就活や面接、結婚式、二次会などではどんな色のスーツが適しているのでしょうか。
シーン別におすすめのスーツの色と、コーディネートについて紹介していきます。

就職活動では、マニュアル通りの服装や髪型・持ち物で足並みを揃える学生も多いようですが、リクルートスーツは必ずしも黒でないといけない決まりはありません。
しかし面接などでは誠実な印象を持ってもらいたいもの。ダークネイビースーツにホワイトシャツとレジメンタルタイを組み合わせ、「誠実・さわやか・知的」の三拍子が揃ったスタイルはいかがでしょうか。

新社会人の一歩、入社式はネイビーやグレーのダーク系のスーツがおすすめです。
ベーシックな無地のスーツもおしゃれですが、グレンチェックのスーツで落ち着きがありながらも親しみやすさを演出できます。
インナーは白や淡い色の無地シャツでスッキリとまとめ、ネクタイは対象にはっきりとした色物を選ぶと落ち着いた中でも若々しさをプラスできます。

ビジネスの定番色といえば、ネイビーやグレーの印象が強いですが、ブラウンスーツを着こなしてみませんか。落ち着いた印象のブラウンスーツですが、光沢感のある素材で体にフィットするデザインをチョイスすればおしゃれ上級者に見せてくれます。
シンプルなサックスシャツを合わせれば、すっきりとしたまとまりのある着こなしになりますよ。ネクタイは柄物やハッキリとした色合いのものを選んでアクセントにしましょう。

結婚式や披露宴ではブラックスーツが定番。
ベスト付きのスリーピースで着飾れば、よりフォーマルな装いになります。
首元は蝶ネクタイがおすすめ。ポケットチーフは結婚式や披露宴では必須アイテム。
招待してくれた人への「感謝」や「祝福」を意味します。シャツの色と同色のチーフを選んでまとまり感を演出しましょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

お客様の好みの色や、シーンに合わせたコーディネートもご提案。スーツ着用時のマナーまで詳しくご説明しますので、ご安心ください。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

オーダースーツを長く着るために!知っておきたい色褪せ対策・カビ対策・虫食い対策!

ご自身のスーツは毎日お手入れしていますか?
オーダースーツとなると値段も高額ですし、できれば長く着続けたいものですよね。
スーツは洋服の中でもデリケートで繊細です。普段着と同じように扱うと、シワや汚れ、カビなどが発生する可能性があります。
また、変色や虫に食われ穴が空いてしまうケースもあるようです。

大切なスーツを長持ちさせるためには正しいお手入れや保管方法があります。
今回は、ケースに応じた対策方法を詳しくご説明していきます。

Contents

スーツをできるだけ長持ちさせる

スーツの寿命は冬用で約4年、夏用で約3年ほどと言われています。
あくまで目安ですが、正しい保管方法や手入れを行うことで目安以上に長持ちすることもありますし、逆に正しい手入れをしなければ劣化が早まり、スーツの寿命も短くなっていきます。
スーツで多いトラブルとして挙げられるのは、カビ・色褪せ・虫食いです。
原因から対策まで解説していきましょう。

スーツを長持ちさせるカビ対策

スーツに発生するカビは『黒カビ』『白カビ』が多いと言われています。

黒カビ

黒カビは室内に存在する代表的なカビの種類です。高温多湿で栄養が豊富な場所を好みます。
その名の通り黒い見た目をしており、根を張って寄生先の奥深くに入り込む特徴があります。
そのため表面だけ綺麗に除去したように見えても、正しく対処しないとすぐに再繁殖してしまいます。

白カビ

一方白カビは、黒カビ同様室内に存在する代表的なカビの種類です。
黒カビとの見分け方として、見た目が白色で埃のようであり、とても軽い特徴があります。
白カビは、高温多湿で汚れなどの栄養素が豊富な場所で繁殖します。
具体的な場所としては、スーツを保管するであろうクローゼットや押し入れが該当します。

カビの原因は?

湿気があるとカビが発生しやすくなります。特に梅雨の時期は注意が必要です。
クローゼットに長い間収納したままで湿気が溜まっていると、カビの発生原因になります。

カビの主な栄養は、ほこりやちり、汗などに含まれるタンパク質です。食べこぼしや、飲みこぼしなどの汚れが付着したままクローゼットにしまうと、その部分からカビやすくなります。

カビ対策は

スーツを毎日着用していると、必ず汚れがつきます。
カビの原因となるほこりやちりを溜めないように、脱いだスーツはブラッシングして汚れを落としましょう。
カビが生えないようにするためには、お手入れを毎日行うことが大切になります。

スーツを脱いですぐクローゼットにしまうのではなく、風通しのよい日陰に干すようにしましょう。
風を通して湿気を取り除くことで、カビの発生を予防します。
湿気の多い日が続く場合は、浴室乾燥機を使用するのもひとつの方法です。
また、冠婚葬祭用の礼服などは着る機会も少ないため、着用後は必ず日陰に干すようにしましょう。

スーツを長持ちさせる色褪せ対策

スーツを長く着用していると、部分的に色が変色してきたという経験はありませんか?
実は、変色の主な原因は、紫外線と汗による影響が大きいと言われています。

色褪せの原因は?

紫外線の強いエネルギーにより生地の染料分子が分解されることが、変色の原因となります。
日光の当たる窓際などに長時間スーツを置くことは避けたほうがよいでしょう。

人の汗に含まれる成分には、衣服を染める際に使われる染料を分解する作用があります。さらに、汗で染料が分解された部分に紫外線が当たることで、通常よりも変色が起きやすくなるため注意が必要です。

色褪せ対策

スーツを着用している場面では、日光にあたってしまうのは仕方ありませんが、帰宅後はできるだけ直射日光の当たらない場所で保管しましょう。
できることなら、クローゼットの中がおすすめです。
少しの光でも色褪せの原因になりますので、配慮するようにしましょう。

スーツは自宅で簡単に洗うことができない場合が多く、汗をかいてもそのままにしてしまいがちです。
しかし、汗をかいたまま放置するのは、変色の原因となるのでやめましょう。
汗を蓄積しないように、こまめに洗濯したりクリーニングに出したりするなどして汗を残さないことが大切です。特に汗が気になる春・夏はスーツの手入れに力を入れましょう。
スーツの変色を防ぐためにも、保管場所とこまめな洗濯やクリーニングをおこなうことが大切です。

スーツを長持ちさせる虫食い対策

虫食いの原因は?

虫は、気温15~25度、湿度60~80%で空気の流れが悪く湿気のたまる場所を好みます。
そのため締め切った押し入れやクローゼットは虫にとって過ごしやすい環境です。
閉鎖されている過ごしやすい環境の中で大量発生することも少なくありません。

虫食い対策

ブラッシングで表面に付いた虫や、エサとなる汚れを落としましょう。
表面を撫でるようにブラッシングして、虫食いの発生を予防できます。
ブラッシングはその他にも、スーツの傷みを予防するなどさまざまなメリットがありますのでオススメです。

アイロンをかけることで、ブラッシングでは取れない繊維の中に入った虫を熱で殺虫することができます。
アイロンが手間という方はスチーマーで代用するのもよいでしょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

スーツのメンテナンスや、手入れの仕方などもアドバイスさせていただきます。気になる方はお気軽にご質問くださいね。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

オーダースーツの高いと安いは何で決まる?

オーダースーツは敷居が高いイメージがある一方で、格安でオーダースーツが作れるというお店もあります。
オーダースーツの値段のランクはなにで決まるのでしょうか?
初めてオーダースーツの購入を検討している方は、価格帯も気になるところですよね。ぜひこの記事を見て参考にしてみてくださいね。

Contents

スーツの種類と値段相場

普段使いのカジュアルスーツ

仕事や冠婚葬祭などの場ではなく普段着として着るスーツのことで、別の名称として上下バラ売りの「セットアップ」とも呼ばれています。
ネクタイやシャツなどを着用せず、ジャケットの下にTシャツなどを着用しカジュアルに着こなします。
ファッションに敏感な大学生や、社則が比較的自由な会社に勤務するビジネスマンが多く着用しています。

普段着として気楽に着用出来るという用途からも値段の手頃さも魅力の一つです。
カジュアルスーツの価格相場は幅広く、大手格安衣服店でもセットアップとして揃えることができます。
ファッション性のあるカジュアルスーツになると、4万円ほどで着用することができます。
比較的安価で手に入りやすいのがカジュアルスーツの特徴です。

リクルートスーツ

主に就職活動を行う学生さん達が着るスーツで、若々しさやフレッシュさをアピールする位置づけのスーツです。デザインもごくシンプルで、色もネイビー、ブラック、グレーの無地3色が基本になっています。
あくまで企業の採用担当者に好印象を持ってもらうためのスーツなので、余計なものは取り除かれたスッキリとした見え方が特徴になっています。

リクルートスーツは、就職活動の短い期間に着ることを前提にしているため値段が安く設定されていて2万円~3万円ぐらいで手に入れることが出来ます。
基本的には着る期間が限定的なので、高価で丈夫な生地が使われていない場合が多く、就職が決まり新社会人になる折には新しいスーツを購入することをおすすめします。
特に大型スーツ量販店が多く取り揃えている種類のひとつです。

ビジネススーツ

仕事をする際に着るスーツで、ビジネスマンの正装とも言われます。
デザイン、色、素材なども色々なバリエーションがあり、職種や年代によってスーツの選び方や着こなし方も様々です。社会人1年目では、リクルートスーツを着ている人も多くいますが、職場の雰囲気や仕事にも慣れたら年齢、収入が上がると共にビジネススーツを新調していく流れがスマートです。

年齢や職歴によっておすすめするスーツはさまざまですので、相場価格は幅広くなっています。
ビジネスマンとして走り出した20代はコストパフォーマンスを意識したスーツを。
キャリアも中盤になり、後輩の指導など周囲からの目も意識する時期でもある30代は、見た目を重視したスーツを。管理職となり部下やチームをマネジメントするリーダーとして活躍する40代は、仕立てや生地にもこだわりを持ったスーツを。それぞれの年齢に合わせたスーツを用意しましょう。

オーダースーツ

オーダーメイドには大きく分けて、パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3種類があります。型やデザインがある程度決まった中から選ぶパターンオーダー、基本ベースはありながらも、採寸した数値に沿ってその人の体型や希望するデザインを具体化するイージーオーダー、オリジナルの1着を作るフルオーダーなど、それぞれ予算や好みによって選ぶことが出来ます。

オーダーメイドスーツは、生地や仕立てとの組み合わせによって値段にも大きく幅があります。
例としてパターンオーダーやイージーオーダーでは2万円~15万円程度、フルオーダーになると20万円から50万円程度になります。これはあくまでも目安なので、予算やこだわりたい嗜好によって選ぶことをおすすめします。

オーダースーツの値段が決まるポイント

生地は大きく変わるポイント

値段が生地は一番わかりやすいといえるでしょう。スーツのクオリティは生地によって左右すると言っても過言ではありません。カシミアとポリエステルでは生地の見栄え、手触り、製品栄えが全く違いますし、同じウール100%でも使用する糸の種類や太さによって、生地の質が大きく変わります。
上質な生地を使えば、当然値段は高くなります。生地の相場は、中国製が1万円~2万円、日本製が3万円~6万円、英国製が7万円~15万円、イタリア製が7万円~20万円程度です。

中国は低コストで高品質な生地を提供することで知られています。
リーズナブルでありながらポリエステルなどの合繊を使い一定の強度も持たせてあります。そのため耐久性にも優れ、適切に保管すると長持ちするのが特徴です。
ウールとポリエステルの混紡で作られたスーツは吸湿性に乏しく、天然繊維と比べて着心地が劣る、人工的な光沢があるといった点がデメリットとして挙げられます。

日本製の生地は中国製と比べて少量生産なので値段は高くなるようです。
5万円程度でウール100%、ストレッチ素材、シルク入りの光沢素材など機能性に優れた素材や高級感のある素材が手に入ります。四季がある日本では、気候や季節に合わせて、軽量で通気性のある生地が多く生産されています。これは、特に夏季などの暑い環境で快適に着用できる利点です。
また、日本製の生地は一般的にシワになりにくく、長時間の着用や旅行にも適しているので、ビジネスマンやビジネスウーマンにとって重要な特徴です。

英国製のスーツ生地は、最高品質の天然繊維を使用しています。
特にウール、カシミア、モヘアなどが一般的に使用されており、耐久性に優れています。
また、クラシックな色や柄のものが多く、おしゃれな雰囲気を出すことができます。
しかし、湿度の多いイギリスの気候にあった耐久性のある作りになっています。耐久性のある分、少し重量があるのがデメリットです。

イタリア製のスーツ生地は、世界中のファッション愛好家から高い評価を受けており、その特徴的な品質とスタイルによって知られています。色や柄が個性的でファッショナブルな生地が多いのが特徴です。
繊細で高品質ですが、耐久性のないものも多いので普段使いのスーツよりはパーティスーツなどに向いているといえます。

その他のポイント

オーダースーツの値段が決まるポイントとして、ボタンや裏地など仕立てるスーツの細かい部分を変えるオプションによっても値段は変動します。
少しの変化かもしれませんが、以外にも値段に大きく関わってくるポイントです。
オーダースーツにはどんなオプションがあるのでしょうか。以下でご説明していきます。

オーダースーツは裏地も変えることができるのをご存知でしたか?
裏地の色や柄・内ポケットの配置・刺繍などさまざまなオプションが選択できます。
生地ほど金額は大きくなりませんが、裏地もスーツ全体の面積の3分の1ほどを占めていますので、価格が変動しやすいオプションのひとつです。

スーツだけでなく、着用するにはベスト、ベルト、ネクタイ、シャツ、靴などのアイテムも必要になります。オーダースーツを購入しても、その他のアイテムが汚れていたりほつれていると、印象が悪く見えてしまう可能性があります。オーダースーツに合ったアイテムを購入する場合は、大きく価格に影響してきますので、注意しましょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

ご予算もお聞かせいただければ、その価格に合わせたスーツをご提案・制作させていただきます。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

社長が着るオーダースーツのおすすめポイント。信頼される身だしなみと礼儀。

社長は組織や会社の責任者であり、会社をひとつにまとめなければいけません。そのため、リーダーシップを持った決断力のある人でなければなりません。
その他、会社の経営者同士での話し合いや、パートナーシップを結ぶ場など、会社の方向性を決める大事なシーンに社長は関わる必要があります。

社長の第一印象は、会社のイメージの繋がる大事なポイントです。
今回は、社長におすすめしたいオーダースーツのポイントをご紹介していきます。
今から社長に就任される方も、現在社長の方も今一度ご自身の身だしなみについて見直してみませんか?

Contents

社長の仕事とは?

社長の仕事の基本は、会社を継続させるための経営方針を考えることです。
「どうすれば会社が今よりも成長するのか」を常に考え、将来的なビジョンを描きながら現状の改善を行っていきます。浮かんでくるアイデアを実現する具体的な方法を導き出し、同時に最終的な決断を下すのも社長の役割だといえます。
また、他社企業との競争力を維持しながら、市場動向や産業の変化に対応するために戦略方も考える必要があります。社長は、これらの役割を果たす能力とリーダーシップスタイルによって形成されます。
これまで成功してきた方々は、ビジョン・決断力・誠実さ・尊敬を持っている方ばかりです。

社長の印象は会社の印象

社長の印象は、その会社の印象を大きく左右します。
役職とご自身の身の丈に合ったオーダースーツを着こなすことで会社も信頼感を獲得することができます。
洗練されたオーダースーツを身にまとうことで、外部ステークホルダーやクライアントに対して強い印象を与えます。どの立場でも、第一印象は大切なのです。
オーダースーツはビジネスの舞台裏でのリーダーシップを示す重要なツールとして活用されているのです。

社長が着るオーダースーツのおすすめポイントは?

社長は会社の顔でもあります。
「人に見られる立場になった」ことを意識するからこそ、取締役就任のタイミングでオーダースーツを仕立てに来られるかたもいらっしゃいます。そんな「会社の顔」としての社長は、どのような意識でオーダースーツを仕立てるのがいいのでしょうか?

会社の方向性を示すスーツ

社長が着るスーツは会社の進むべき方向性を示すものだと考えてください。
例えば、建設会社の社長と老舗和菓子屋の社長が同じ服装をするでしょうか?
周囲の人はあなたを「その業界の人」として見ます。そして、そのイメージから大きく外れていると、違和感を覚え、信頼を得にくくなります。ご自身がどう見られたいかという視点より、1つ超えた『我が社はどう見られたいか』を意識して服装選びを行ってみましょう。

オーダースーツは既製品と比べて体にぴったりと合うように調整されます。
フィット感が良ければ、スーツのシルエットがきれいで、洗練された印象を与えます。
また、既製品とは違い着用したときの違和感がなく、長時間着れるのが特徴です。
オーダーメイドのスーツは、個々の体型に合わせて製作されるため、フィット感が優れています。

日中は会議、夜は会食など長時間スーツを着用することが多くありますので、着心地と快適さが重要視されます。動きやすく、疲れにくいスーツ選びを心がけましょう。ウールが一般的におすすめされますが、季節に合わせて素材を選ぶことも大切です。

オーダースーツでは、ボタンの種類・ラペルの幅・スーツの裏地の色・刺繍など、多くのカスタマイズオプションが提供されます。これらを活用して、個性を表現することが可能です。
特に、裏地は脱いだときにしかわからないポイントですが、柄や模様が入っていると高級感が増します。
また、刺繍が一部に入っていることで特別感を出すことができます。

社長にオーダースーツをおすすめする理由

上級職になれば、スーツを一着だけ持っていればいいというわけにもいきません。
多くの人から注目される立場でもあるため、少なくとも数着のスーツのローテーションが必要です。
既製品のスーツがいいのかと思われがちですが、逆にオーダースーツの方が長持ちすると言われています。
理由として、体型にフィットしていることが挙げられます。
スーツが小さすぎると、縫い目やボタンなど、あらゆるところに過剰な負担がかかってしまいます。
また肌との無用な摩擦も生じて、傷みが早くなってしまいます。だからといって、逆に大きくてもダメです。たわみやシワは、同じように生地に負担・摩擦を与える要因です。
その点、ジャストサイズのスーツならスーツに無理がかからず傷みを最小限に抑えられます。

社長になる方は、細部までこだわりを持っている方で、研究熱心な人が多いと言われています。
多くのことに興味を持ち、究めようとする姿勢が、成功に必要なのだと感じます。
そんなこだわりを持つビジネスパーソンが、自分の着るスーツに関心を持たないわけがありません。
既製品では、展示してある商品を購入するだけですが、オーダースーツにすることで、細かい部分まで自分好みにすることができるので、社長や幹部クラスの方には特におすすめします。

オーダースーツの場合(特にフルオーダー)、デザインや生地・ディテールを選ぶことによって、唯一無二のスーツが出来上がります。「誰ともかぶりたくない」という方は、ぜひフルオーダーのスーツを仕立てることを強くおすすめします。
オーダースーツにすることで、自信にもつながり会社の向上性にも影響してくるでしょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

社長や上級職の方のオーダスーツのお悩みやこだわりも把握し、役職に合わせたスーツをご提供いたしますのでお任せください!また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

婚活ではオーダースーツは好印象!?年代別の好印象・清潔感ポイントをご紹介。

ライフスタイルの多様化が進み、結婚に対する価値観も変わってきた日本。2013年頃からのインターネットの普及により、アプリでの婚活サービスを利用する人が急増しました。アプリやネットでの婚活は「忙しくても出会いを探したい」と思う未婚者のニーズに応える形で、今後ますます増えていくのではないかと考えられています。
しかし、従来のお見合いや結婚相談所、婚活パーティーなどは、ネット上の出会いに心理的抵抗感がある方や婚活中の悩みを対面で相談したい方などに、根強い人気があります。

多様化する婚活方法ですが、どの方法にしろ実際に会ったり、顔写真などの第一印象はやはり大切ですよね。
開催される場所によっては、パーティー会場で行われる場合もあります。
また、気になる女性とのデートなどで少しおしゃれなレストランで食事を楽しむケースなど、TPOに合わせてスーツで望む必要があります。そこで今回は、婚活でのオーダースーツは好印象になりやすい!?年代別の好印象・清潔ポイントをご紹介していきます!

Contents

婚活とオーダースーツ

ここ数年、コロナウイルスの流行もあり対面での婚活は控えめでありましたが、最近の婚活パーティーでは、制限も解除されホテルの一角を貸し切り、大人数での婚活パーティーが開催されています。
ビジネス用やプライベート用・冠婚葬祭用などオーダースーツを仕立てる際に『どんなシーンで着用するスーツなのか』を決めておくことは、重要なポイントです。オーダースーツ店にも“婚活用のスーツ”を探しに来るお客様もいらっしゃるそうです。
中には、「相手の女性に好印象を与えるスーツをオーダーしたい」と言われる方も。
スーツは第一印象をを決定付ける顔のようなもの。自分に合ったスーツで望みたいものですよね。

婚活にNGな着こなし

スーツ姿の魅力は3割増しと言われていますが、おしゃれな着こなしはできていますか?
せっかく新調したスーツが、自分に合っていない。サイズ感が気になる…など違和感があると婚活にも集中できません。下記では婚活に参加する上で、NGな着こなしをご紹介します。
これを見てご自身の着こなしを一度見直してみてはいかがでしょうか?

スーツの着こなしは、実は年齢を若く見せる効果もあるんです。
デザインが一昔前のスーツを着ていると、実年齢よりも年上に見えてしまい、”老けている”という印象を与えてしまうので、婚活ではマイナスポイントです。
逆にリクルートスーツを連想させてしまうようなスーツは、幼く・幼稚に見えてしまうことがあります。
「この人は仕事ができる!経済力がありそう!」という、婚活女子が求める重要なアピールポイントに繋がりません。

スーツのサイズがあっていないと、女性からは『センスがない』というイメージを与えてしまいます。
また、だらしない印象も与えてしまうため、生活も乱れているのでは?と女性は無意識に感じてしまいます。
デザイン云々の前に、まずは自分に合ったスーツを選んでみましょう。

年代別で見る好印象ポイント

若く見られたいからといって、40代の方が20代の若者コーディネートをしてしまうと女性に違和感を感じさせてしまったり、流行りにのりすぎ、派手なスーツで参加すると周囲から浮いてしまったりと年代に合わせた着こなしが重要だと考えます。
婚活に参加する年代として、20代・30代・40代が多いと言われていますが、年代別にあった好印象ポイントがあります。順にご説明していきます。

スーツに派手な柄はあまりふさわしくありませんが、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフなどのアクセサリーで個性を出しましょう。流行の柄やカラーを取り入れることで、スーツを引き立てることができます。
明るく活溌なイメージを持つ明るいカラーを入れることでフレッシュさも演出することができます。
20代では、初めて婚活に参加するという方も多いはず。なにより自信を持って着用することが大切です。自信がある姿勢と笑顔は、あなたの魅力にも繋がるでしょう。

30代になると、無難な服装ではアピールしにくくなる面があります。
おしゃれに気を使ってきた人なのか、そうじゃないのかが顕著になりやすい年齢でもあるので、20代の時以上に気を遣うようにしましょう。婚活の場では、流行にのる必要はありません。
オシャレさよりもシンプルに女性好みの婚活スタイルで臨むことが大切です。
30代では安っぽいスーツはNG。できるだけ高級感のある生地を選ぶようにしましょう。

40代の婚活ファッションでは、大人な雰囲気を纏うことが大切ですが、おじさんっぽく見えないものを選ぶことが重要です。同じ色のジャケットでも、ちょっとシルエットが違うだけで見た目の印象は驚くほど変わります。40代は特に体型が変化する年代でもあります。体型が崩れることを懸念してオーバーサイズのスーツを注文する方も多いですが、だぼっとした服装はだらしなくて野暮ったい印象に見えます。
試着をして自分の体型に合ったものを選び、きちんと感を演出しましょう。それが清潔感にも繋がります。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

婚活用のオーダースーツも承っております。着用シーンや、ご希望のイメージをお聞かせください。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

オーダースーツはどこまでこだわれる?意外と知らないマストアイテムから形のバリエーションをご紹介

オーダースーツと聞くとおしゃれで、上質なものをイメージされる方もいらっしゃる反面、価格についてややネガティブなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?オーダースーツの魅力は、さまざまな形やスタイルを再現することができる点です。スーツにはこだわれるパーツが多く、スラックスや襟(ラペル)の形など細かい部分はもちろんのこと、素材や色合い、柄なども自分好みにアレンジすることが可能です。

今回は、オーダースーツはどこまでオーダーできるのか?マストアイテムのバリエーションも合わせてご紹介していきます。これからオーダースーツを作りたいと考えている方にとっても基礎知識として覚えておくと、店員さんに依頼するときにスムーズに進められるはずです。

Contents

スーツの基本的な種類

スーツは大きく、『シングル』と『ダブル』に分かれています。
シングルとダブルは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
さらにそこからスーツの種類は、シングル・ダブルに加えて、「ツーピース」と「スリーピース」にも分類されます。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

シングルスーツとは、スーツのジャケットボタンが縦一列に並んでいるものを指します。
一番オーソドックスなデザインで、現在日本ではこのシングルスーツが主流となっています。
シングルスーツはスタイリッシュでスマートな印象のため、ビジネスやパーティー・冠婚葬祭などあらゆるシーンで着用されています。

ダブルスーツは、ジャケットの前ボタンが縦2列に並んでいるスーツです。
重厚感のあるデザインが特徴的で、クラシックな雰囲気が出るので年配の方が多く着用されています。
近年では、若い世代の方もカジュアルに着こなすシーンも見られるようになりました。

ツーピースはジャケットとパンツの2点がセットになったスーツのことです。
店頭に販売されているスーツの多くがツーピースで、最も一般的なスーツになります。
一方、スリーピースはジャケットとパンツのセットにプラス、ベストを加えた3点セットのスーツです。
「三つ揃え」と呼ばれることもあります。ジャケットを脱いでも品格を感じさせる装いになったり、防寒対策にもなる点が魅力です。

スーツのデザインだけでも印象は大きく変わる!

スーツのジャケット一つでも襟やボタン、ポケットなどのデザインにも注目してみましょう。
同じ生地や柄を選んだとしても、デザインの違いで全体の印象が変わるくらいバリエーションが豊富です。下記ではスーツの主なデザインの種類を紹介します。

全体の印象が左右される襟(ラペル)

襟(ラペル)は、スーツ全体の印象に影響する大切なポイントです。
顔の近くにあるだけでなくネクタイやシャツも見える部分なので、スーツの印象を左右する部分でもあります。さまざまな襟の種類がありますが、ここではメジャーな3種類を紹介します。

普通襟とも言われており、最もスタンダードの形をした襟です。
スッキリとした印象を与えるので、流行にも左右されにくく、あらゆるシーンで対応が可能です。
シングルスーツで使用されるこが多いようです。

ピークドラペルは下襟が上に尖ったデザインのが特徴です。
結婚式やパーティーなどフォーマルな場所で着用されることが多いです。
エレガントな印象でダブルスーツに多く取り入れられています。

ラペル(襟)がなく、カジュアルな装いに適しています。
ノーカラーはネックラインが強調されるので、シャツやセーターとの相性がとても良いです。
ラフな日常着やカジュアルな場で着用されることが多いようです。

後ろ姿を印象させるベント

ビジネスシーンで一般的に着用されているスーツには、ジャケット背面の裾に「ベント」と呼ばれる切れ込みがあります。スーツをオーダーした際に、白い仕付け糸で仮縫いされている部分です。ベントは英語で「Vent」と書き、通気口や通風孔などを意味します。

裾の中央に1本のスリット(切り込み)が入ってるデザインのことです。
すっきりとしたデザインで、最もスタンダードなタイプです。
センターベントを入れることで、動きやすく、座ったときにシワになりにくい特徴があります。

サイドベントは左右に2つのスリットがあるデザインのことで、このデザインは、センターベント(背中の中央に1つのスリット)とは異なり、両脇に切り込みがあります。
ゆったりとしたシルエットが特徴で、30代~50代の方に好まれています。

スーツやジャケットの背面にスリットや切り込みがないデザインです。
フォーマルなシーンで着用されることが多く、スッキリとした印象を持ちます。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

着用シーンや、スーツのデザインをこだわることで、スーツのグレードがさらに引き上げられるので、必ずお気に入りのスーツをお作りいただけると思います。この部分はこだわりたい!というご希望もお聞かせください。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

銀行面談や交渉で見られるポイントは身だしなみ!?シーンごとで簡単にキメられるポイントをご紹介

人の第一印象は『見た目が9割』と言われています。
初めて行く取引先や、銀行の面談などは『どんな人間か』を見られることが多いです。特に不動産投資で成功したい方なら、銀行開拓は避けては通れません。
自己資金をたくさん持っている人は銀行側から『借りてください』と言われることもありますが、そうでない方は銀行員との面談の中で、好印象を持ってもらうために、自分をアピールする必要があります。

今回は、面談や交渉で見られる身だしなみのポイントと、その他シーン別でのスーツの着用ポイントをご紹介していきます。

Contents

銀行面談・交渉

日本政策金融公庫や信用保証協会付け融資などの融資を受ける際に、面談や交渉の場が作られます。
融資は、お金を必要とする者に貸し、資金を融通することを指し、消費者金融などでは「ローン」と呼ばれることが多いです。主に事業用の借入を指します。借手には返済義務がある点が出資と異なり、融資を受ける際は金融機関等の審査に通る必要があります。
今後の人生の道筋を立てていく大切な場となる方も多いはず。
少しでも、銀行員の方に良いイメージを持ってもらえるように第一印象には力を入れましょう。

第一印象に力を入れましょう

想像してみてください。銀行へ融資を受けに来られる方が、上下ジャージ姿だったり私服姿で来られると少しだらしない。といった印象を受けてしまいますよね。
悪い印象を与えてしまわないためにも、第一印象は特に重要なのです。
では、どこに力を入れればよいのでしょうか?順に解説していきます。

人は見た目で9割判断する!ビジネスマナーのセミナーでよく耳にする言葉です。
銀行訪問も例外ではありません。訪問の際には、できればスーツで訪問するようにしましょう。
Tシャツ・Gパンでの訪問も悪くはないですし、マナー違反というわけではありませんが、せっかくなら第一印象で1ポイント獲得しましょう。
特に初めて行く銀行の面談では、資産背景と同じくらい「どんな人間か」を見られます。さりげなく清潔感の漂う服装を心がけましょう。

銀行員の方は毎日数字とお金を扱っておられますので、細かいところまで見られる傾向にあります。
きちんとした靴を履いているか・手入れはされているか。隅々までチェックされています。
清潔感のあるスーツでも、履き古したよれた靴だと全体的にアンバランスになってしまいます。
また、出世していった人、成功した人はみな「靴がきれいだった」という話をよく聞きます。
面談前は一度足元の確認をしてから訪問するようにしましょう。

普段、銀行員はネクタイを着用していることがほとんどですので、初対面でのビジネスマナーとしては、ネクタイは着用したほうが無難です。
しかしノーネクタイだからといって無礼だと思われたり、マイナスイメージに作用することはないでしょう。気になるようでしたら着用して行き、自然な服装の中で不要だと思えば特に問題ありません。また、夏場はクールビズなどの取り組みもあるため、季節に合わせてネクタイの着用を検討してもいいでしょう。

その他シーン別スーツの着用ポイント

銀行面談・交渉の際に着ていくスーツのポイントについてご紹介してきましたが、その他にもスーツを着用するシーンは数多くあります。
シーン別に合わせたスーツの着用ポイントをまとめてご紹介していきます。

大事な商談・会食用のスーツ

取引先との会食は、会社を代表した重要な場面であるため緊張することが多いはず。
相手に失礼のないようにと気を遣う方がほとんどだと思います。
会食では、食事をしながら談笑する場面もあるでしょうから、フォーマルすぎると堅苦しくなってしまいます。とは言え、緩い感じの服装を選んでしまうのはカジュアルさばかり目立ち周囲から一人浮いてしまうことになりかねないので避けたいところ。どういった服装がベストなのか社会人としてしっかり押さえておきたいですよね。

光沢感のあるネイビースーツを選んだ場合は、ネクタイの柄を渋めのものにしてみたり、シャツの色を暗めの色にしてみたりすると全体的に引き締まった印象になりますし、シンプルなグレーのスーツでしたらネクタイに遊び心を入れたり、シャツに工夫をしてみると爽やかな印象を与えることができます。
会食に向かう前は全身で身だしなみをチェックして、全体のバランスを確認しましょう。

会食の際に、靴は脱がないだろうとヨレヨレの靴下を履いていくのはNGです。
商談や会食は日本料理店などで行われることも多く、座敷のような靴を脱ぐ席に通されることがあるかもしれません。靴を脱いだときに、スーツの色と合っていなかったり、指先に穴が空いていたりすると取引先の方に驚かれてしまいます。
そんな事態をさけるためにも、事前に何足か用意しておきましょう。

就職活動のリクルートスーツ

色柄は、いわゆるリクルートスーツと呼ばれる色は黒かダークネイビー・チャコールグレーに間違いはないでしょう。就活では「服装自由」としている企業は増えてきましたが、基本的にはスーツで臨むのが一般的です。そのため、就活のスーツについて正しい知識を持っておかなければ、思いもよらないところで就活を失敗をしてしまう可能性があります。
ぜひ、これから就活をスタートさせる方は参考にしてみてください。

身だしなみは社会人の基本であり、ビジネスマナーを意識したスーツ選びを行いましょう。
特にスーツは毎日着るものですので、自分の体型に合ったスーツを着用してください。
また、ワイシャツやネクタイなどはアイロンをかけて清潔感を保ちましょう。
自分に合ったスーツを着ることで、見栄えもよく好印象に繋がります。

スーツの上着には種類があり、ボタンが2つのものと3つのものとあります。
クラシカルなダブルブレストやスリーピース、遊びのあるシングル4ボタンなどもありますが、避けましょう。2つの場合は上の一つを留め、3つの場合には上の二つを留めるのが一般的な着こなしです。
このように、上着のボタンのかけ方は2つの場合と3つの場合とで異なるため覚えておきましょう。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

どんなシーンでスーツの着用をお考えですか?シーンに合わせたスーツの提案・マナーをについてもご説明いたします。スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

40代はオーダースーツで友達や後輩から憧れられる存在に!簡単にキメられるポイントを伝授!

40代というと、ビジネスの場では現役のビジネスマンであるが部下のマネジメントも行う大事な役割を担う時期です。
個人プレイヤーだった時期から、管理職や役職がつくようになり、人生のターニングポイントとなる年代です。
ビジネスファッションもそのキャリアにふさわしくありたいところですが体型の変化もあり、これまで着ていたスーツに違和感を感じたり、買い替えを検討する方も増えてきます。

そこで今回は、スーツを見直す時期でもある40代に選ぶべきスーツや、かっこいい!と思われるスーツの着用ポイントをご紹介していきます!

Contents

40代スーツにかける金額は?

40代がスーツにかけるオーダースーツの価格は50,000円〜100,000円が多いようです。
高品質な生地とカスタマイズオプションを選択すると、その分価格が上昇します。
もう少し手頃な価格帯で購入できるお店もありますが、安すぎるスーツは長持ちしなかったり、ヨレが出てくるなどあまり望ましいとは言えません。
お店のスタッフに相談し、予算に合ったオーダースーツを選ぶことが大切です。
また、サイズの調整や仕上げ作業にかかる費用も含めて、最終的な価格を確認しましょう。

40代のスーツの基本は?

40代の男性のスーツスタイルには年齢に合った洗練された印象を演出するために基本のスタイルを把握しておくことが大切です。

40代のスーツは、シンプルでクラシックなデザインが適しています。
派手な色は目立つことがあり、若々しく見られることもありますが、ビジネスの場ではあまり良いとされていません。派手な柄やトレンディなデザインを避け、落ち着いた色合いとシルエットを選びましょう。
ネイビーやチャコールグレーなどの定番色がおすすめです。
クラシックな色合いを選ぶことでファッションの変化に左右されず、自信を持って着こなせます。

大きすぎるスーツや小さすぎるスーツを着用していると、あまりいい印象を与えません。
スーツのフィット感は非常に重要です。ジャケットやパンツが体に適切にフィットし、余裕がありつつも過度にゆるくないように注意しましょう。
オーダースーツを選ぶことで、体に合ったフィット感を実現することができます。

スーツは着ていると必ず汚れや、ヨレが目立ってきますよね。
クリーニングに出したいところですが、出す回数に注意が必要です。
過度なクリーニングでは逆にスーツが傷んでしまう場合があります。
また、縮みの原因にもなるためクリーニングの頻度は通常のお使いの場合、季節に1回・年4回などがオススメです。しかしお酒や、匂いの強いもの(お醤油やタレ)などを溢してしまった場合や、汗をたくさんかいてしまった際にはシミになってしまうため、すぐにクリーニングへ出すようにしましょう。
その他、手入れ方法についてはスタッフに尋ねてみましょう。
スーツの素材に合わせた的確なアドバイスをしてくれます。

アイテムで簡単にスーツの着こなしをキメられるポイント

スーツの定番はウールですが、40代にもなると同じ生地のスーツを持っていることも多くなります。
お手持ちのスーツと差を出すなら、ウールとシルクの混紡生地である「シルクウール」がおすすめです。
華やかな生地でもあるので、ビジネスシーンはもちろん、プライベート用のスーツにも重宝します。

スーツと一緒に着るシャツやネクタイも重要です。
シャツは清潔で適切なサイズのものを選び、ネクタイはシンプルなデザインやクラシックな柄を選びましょう。パーティーや会食などビジネスシーンと差をつけたいときは、柄の入ったネクタイを着用するなどTPOに合わせて変えてみると、スーツファッションを楽しめるのではないでしょうか?

スーツの靴とベルトは、スタイルを引き立てる要素です。
基本的に皮の素材なので、光沢感があり目立つ存在でもあります。
靴とベルトの色は合わせてデザインを調和させ、全体の印象を整えましょう。

既製スーツではなくオーダースーツを選ぶべき理由

40代というと身体に変化が出てきます。
お腹周りだけ大きい・太ももが細いなど特に40代になってくると変化が大きくなってきます。
若い頃は入っていたスーツでも、体型に合っているでしょうか?また、既製品が体型に合わなくなったというケースもあるでしょう。スーツが美しく見えるのは、自分のサイズに合ったものを着ているからです。
「2年以上スーツを新調していない」「今着ているスーツがきつい・ゆるい」という方は、ぜひオーダースーツを検討してみてください。

既製品のスーツだとジャケット・パンツ・シャツ・ネクタイなどある程度セットになっていることが多く、アイテムも数に限りがあったりします。
しかし、オーダースーツでは、生地・色・デザイン・スタイル・細部のディテール(ボタン、ステッチ、ポケットなど)を自由に選択できます。
これにより、独自のスーツを作成することができ、個性を表現できます。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
お客様の体を隅々まで細やかに採寸し、体のクセや体型に似合うスーツを選りすぐりの素材の中からお仕立てします。
お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

このようなコーディネイトによりスーツのグレードがさらに引き上げられるので、必ずお気に入りのスーツをお作りいただけると思います。40代・50代など年齢に合わせたコーディネートもお任せください!私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。