/

季節にマッチした素材でスーツを着こなす?

師走に入り、年の瀬を控え忙しく慌ただしくなる季節になりました。
日に日に寒さが増して辛いですよね。この時期は夏に比べスーツの出番や着る機会が増えるので着こなしや季節感にも幅が求められます。
では冬の季節にあった着こなしやスーツはどんなものでしょうか。
スーツ生地にはツイード、フランネルやベルベットなど冬の時期ならではの厚みのある起毛だった生地も多く非常におすすめです。
今回は冬生地の特徴やおすすめ生地・着こなしなどご紹介させていただきます!

冬のスーツ生地

生地にもシーズンがあり、オールシーズンタイプや春夏物、秋冬物があります。
春夏生地やオールシーズンタイプに比べ秋冬生地では厚みがあり暖かく保温性に優れています。
秋冬生地は1mあたり280gから330gなど生地によってはさらに重たいものもございます。
ツルッとした滑らかな手触りのものや冬生地らしい起毛だった風合いある生地はワンランク上のスーツスタイルへと昇華させます。

フランネル

フランネルはふんわり柔らかな起毛だった生地です。保温保湿性に加え軽い着心地なので冬の時期には最適と言えるでしょう。
イタリア生地のフランネルは上品な光沢と滑らかな手触りが特徴です。
冬の季節感にピッタリ合ったフランネルスーツで楽しみましょう。

ツイード

ツイードはフランネルに比べ分厚く硬くザラっとした手触りが特徴です。
防風防寒性に優れ寒さの厳しい日でも暖かく、耐久性にも定評があります。
イギリス生地のツイードは耐久性だけでなく深みのある光沢があなたを輝かせます。

ベルベット

美しい光沢と表面に細かい起毛だった生地になります。高級感を演出し、実際に高級家具にも取り入れられています。
そんな生地でスーツやタキシードをお仕立てするとドレッシーでカッコよくなり
他に類を見ない1着へと仕立て上がります。

秋冬こそスーツスタイルの本番?

夏ではクールビズでノーネクタイなどは基本ですよね。
実際暑くてジャケットなど着ていられないほどです。
だからこそ今のこの時期にジャケットスタイルやジャケパンスタイル、ベスト付きスリーピーススーツなど幅広くスーツスタイルを楽しんでいただけます。
前項では秋冬ならではの生地をご紹介いたしましたが、お次に秋冬シーズンならではのスーツシーンや着こなしをご紹介させていただきます。

ビジネススーツの真骨頂

前述したように夏場ではクールビズでシャツスタイルになったり、半袖シャツになりますよね。
暑い時期では健康維持、パフォーマンス維持のためには致し方ないことです。
スーツ姿は男性を最もカッコよく見せる装いの一つとも呼ばれていますし、
ビジネスシーンでジャケットを着こなしている姿はスマートでデキる男を演出するには最適とも言えるでしょう。
さらにベスト付きのスリーピーススーツではスーツスタイルに幅が広がり、
非常におすすめです。

スーツスタイルにおいて実はシャツは下着に分類されます。そのため海外では多くの場合シャツの下にインナーや肌着を着ることはまずありません。
逆に日本ではシャツの下に肌着を着られる方が多くいらっしゃいます。
日本のように高温多湿の環境では汗を多くかいてしまうため、肌着を着る文化が生まれました。
シャツの首元や袖の部分からインナーが透けて見えるのはやはり不衛生でマナー違反と見られてしまいます。肌着は透けにくいベージュを選んだり、ネックが深く首元から見えにくいものを選ぶと良いでしょう。

スーツとコートの組み合わせでおしゃれを楽しむ

秋冬生地は保温性が高く冬でも暖かく着こなしていただけます。
しかし真冬や寒さの厳しい時期では如何に保温性が高い生地でも限界があります。
特に冬場ではスーツだけでなくコートも必要ですよね。
コートとスーツの組み合わせも相性抜群です。

スーツスタイルに合う王道コートは『チェスターコート』です。
冠婚葬祭からカジュアルスタイルまで幅広く使える汎用性の高さが魅力で、ダークネイビーやグレーのチェスターコートを一つはお持ちいただくと非常に便利です。
ゴージラインの高いものはフォーマルな印象になり、低いものはカジュアルな印象になるのでビジネスや冠婚葬祭に取り入れるならゴージラインが高めでフォーマルなものを取り入れましょう。

ビジネススーツに合わせるコートなら『ステンカラーコート』です。
トレンチコートから派生したステンカラーコートは就活生からビジネスマンまで幅広く使われるビジネスの定番コートになります。

DAVID LAYERでオーダースーツを

いかがでしたでしょうか?スーツだけでなくコートとの組み合わせでコーディネートの幅は無限にも広がります。
スーツには他にもシャツやシューズ、ベルト、バッグ、コートなど付属品が多くあります。『一度に全部の組み合わせまで考えるのは大変・・・』そういった方もご安心ください。
当店のスタッフがご提案させていただきます。
秋冬生地に限らずオールシーズン生地や裏地ボタンも多数ご用意しております。
『こんな生地はありますか?』『どこに行っても恥ずかしくない1着を』
『遊び心あふれる裏地が良い』などお気軽にお申し付けください。
スマホからお写真をお見せいただきそこからイメージに近いものをお探しさせていただくことも可能です。
ぜひオーダースーツはDAVID LAYERにお任せください。

〒150-0034
東京都渋谷区代官山町18-6ACN代官山ビル1F
copyright(C)2021 DAVID-LAYER.TOKYO All right reserved.