/

礼服とは?喪服との違いは?フォーマルスーツについて

礼服、喪服、フォーマル、etc、、、など一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ではそもそも礼服ってどんな時に着るのでしょうか?
「喪服」はお葬式などお悔やみごと?礼服との違いなどなかなかハッキリとはしませんよね。
フォーマルスーツを着る機会はみなさん誰しもあるのではないでしょうか?
今回は礼服、喪服、フォーマルスーツについてご紹介致します。

「礼服」と「喪服」

結論から言いますと「礼服」と「喪服」は同じです。
礼服とは結婚式やお葬式など冠婚葬祭などで着用する服を指します。そのため「喪服」は「礼服」に含まれるということになります。
葬儀の時に着用するため「喪服」と呼ばれるようになりました。

礼服は黒

フォーマルスーツ 礼服は原則黒になります。
ビジネススーツの黒とは違う黒になります。礼服の黒の深さが通常のビジネススーツと異なります。
礼服の黒は光沢がなくより深く濃い黒になります。
ビジネススーツの黒には光沢がありややグレーがかって見えるのが特徴です。

礼服のコーディネート

前述したように礼服・喪服は原則黒となります。礼服スーツ、フォーマルスーツではシャツやネクタイ、靴なども必要になります。
これらはどのようなものを選べば良いかご紹介させて頂きます。

シャツは白

ワイシャツは白の無地が良いでしょう。冠婚葬祭の場面ではサックスやピンクのカラーシャツは避け、柄のシャツもない方が良いでしょう。
シャツの衿はレギュラーカラー又は、ワイドカラーが良いでしょう。
衿にボタンが付いているボタンダウンカラーはスポーティな印象になり避けた方が良いでしょう。

ネクタイ

結婚式に参列する際のネクタイは白やシルバーが良いでしょう。
葬儀などお悔やみ事の際には黒などTPOに合わせて使い分けましょう。

シューズ

シューズも基本は黒になります。シューズの色とベルトの色を合わせるのがスーツマナーにもなるため注意が必要です。
シューズにはメダリオンなど装飾やモンクストラップなど金具が付いていないシューズが良いでしょう。

タキシードやモーニングは?

ではよく結婚式で新郎様がご着用されるタキシードや、お父様がご着用されるモーニングはどうなるのでしょうか?
こちらも「礼服」に含まれます。
前述した礼服とは主に「略礼服」「略礼装」と言い、皆さんが想像される一般的なスーツの形をしておりビジネススーツの黒に比べてより濃く深い黒になります。

それに対し、「タキシード」は「準礼装」、「モーニング」は「正礼装」と言い、より格式高い礼服になります。
当店ではそれぞれオーダー可能ですのでお気軽にお申し付けください。

結婚式は礼服?普通のスーツでいいのか?

大学を卒業し社会人なり数年、、、学生時代からの友人が結婚することになり結婚式に参列することに。
そんな時、礼服で参列するべきなのか普通のスーツで良いのか?
折角の友人の結婚式、マナー違反もしたくないけれどオシャレにも着こなして心からお祝いしたい。
そんな方にご紹介させて頂きます。

まずは招待状を確認!

結婚式の招待状を受け取ったらまずは服装を確認しましょう。
『平服でお越しください』などの記載があれば本来であれば「正礼装」や「準礼装」が必要ですが、そこまで畏まらなくてもお気軽にお越しください。
といった主催者側の配慮が込められています。
派手すぎる色や柄は避け、新郎新婦をお祝いするゲストとしてふさわしい服装を意識しましょう。
そのため略礼装であるブラックスーツやダークスーツでの参列がベターです。

最近ではカジュアルウェディングなども多くなり、主催者側も参列者もオシャレな着こなしでもOKという方も増えてきています。
心配な方は主催者側に確認して見るのも良いでしょう。

フォーマルスーツはDAVID LAYERにお任せください

当店では選べる生地15,000種類以上、裏地ボタン合わせて2,000種類以上の中からお選びいただけます。
通常の礼服用のブラックやフォーマルブラックや海外ブランドのフォーマルブラックも取り揃えております。
礼服以外にも結婚式二次会用やビジネスシーンなどさまざまな用途に合わせて運命の1着、世界に1着のオーダースーツをお仕立て致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。

〒150-0034
東京都渋谷区代官山町18-6ACN代官山ビル1F
copyright(C)2021 DAVID-LAYER.TOKYO All right reserved.