/

20代・30代のスーツの着こなし方!カッコつけたい年代に最適なオーダースーツ

メンズスーツにも流行があり、どんどん入れ替わります。意外と着こなすのも難しいものです。流行も大切ですが、従来からの『暗黙のルール』も存在しており、そこをしっかりと抑えておかなければいくら流行のスーツスタイルであっても違和感のあるコーディネートになってしまいます。特にビジネスマンが着ることが多いスーツですが、着こなし方で『清潔感』や『誠実さ』を出せます。どんなジャンルの服装でも『あの人かっこいいな~』と思うスタイルの人いますよね。

オーダースーツは高いから手が出せない…と思われている方も多いのではないでしょうか。
オーダースーツにもフルオーダーだけでなく、用意されている型紙から自分の体型に近いものを選び、サイズの調整や補正をしてスーツを作るイージーオーダーや手頃な価格で仕立てることができるパターンオーダーという方法もあり、オーダーする範囲を選ぶことができるのです。
20代・30代の方にもオーダースーツの良さを知っていただきたい!一度オーダースーツに足を運んでもらいたい。今回は若い世代の方へ最適なオーダースーツについてご紹介していきます。

Contents

身だしなみが一番重要!

20代後半から、30代にかかると社内での立場も変わり、中には昇格して部下を率いている方もいるのではないでしょうか?その場合、後輩の手本として身だしなみや服装にはより気をつけることが大切になってきます。『スーツにシワがある』『スーツのサイズが合っていない』など思われては、相手に残念な印象を与えてしまう可能性があります。『どんなスーツを着たらいいのかわからない』とお悩みの方へおすすめしたいのがオーダースーツです。いくら高価なスーツでもサイズが合っていないと、見た目も悪くなってしまいます。次にスーツの選び方をご紹介していきます。

スーツはなるべくピッタリサイズを選ぶ

ジャケットは肩幅が合い、袖は手首の骨くらいまでの長さがあることを確認してください。
また、ボタンを閉じた時に過度に窮屈でないものを選びましょう。
パンツに関しては腰やヒップに程よくフィットし、裾の長さは足首の上にくる程度が理想です。
あまりにもタイトやルーズなものは避けましょう。

役職についたらカラーにもチャレンジ

初めてスーツを着る場合は、ネイビーやチャコールグレー、またはブラックのスーツが基本です。
20代では、ビジネスシーンの正装として清涼感やフレッシュさを求められることが多く、色柄の選択肢が少ない世代。ですが、30代を迎えると同時に、スーツの選択肢を広げることで、ワンランク上のスーツスタイルを楽しめると良いでしょう。ブラウンカラーなどは落ち着いた色味で、なおかつ大人っぽさも演出できるため、20代・30代の方へおすすめです。

アクセサリーや小物で個性を出す

ネクタイピンやカフリンクスなどのアクセサリーを上手に使うと、スーツに個性を加えることができます。ただし、派手すぎないように注意しましょう。また、小物の一つとして、腕時計もあります。シンプルで洗練されたデザインのものを着用するとさらにワンランクアップしたスーツスタイルにもなりますね。

トレンドをチェック

先程もお話しましたが、スーツにも流行があります。2023年の流行はどのようなものでしょうか?
順にご説明してきます。

千鳥やバーズアイ、グレンチェックが多い。ストライプの新しい流れも

千鳥格子柄やバーズアイなどの細かい柄やグレンチェックなどのクラシックな柄が多いのが見受けられます。新しい流れとしてはストライプ柄が目立つようになってきており、少し他の人と差をつけたい方におすすめです。

・千鳥格子柄…模様の形が千鳥が群れて飛んでいる姿から千鳥格子柄と言われています。伝統的な印象を持つ柄として、老若男女問わず高い人気があります。

・バーズアイ…バーズアイは「小鳥の目」を意味しており、日本名では「鳥目織り」とも言われています。丸の中に点が入っている目のような模様が特徴で、模様が大きいものを「ビッグバーズアイ」、模様が小さいものを「スモールバーズアイ」と呼びます。

・グレンチェック…イギリスの伝統的なチェック柄のこと。スーツの柄として取り入れると、英国紳士な装いが楽しめます。

サステナブル素材、ストレッチやクールマックスなどの機能素材

サステナブルの流れから再生原料を使ったストレッチ素材やウォッシャブル素材、クールマックス素材などの新しい機能素材が更に増えてきています。洗濯ができたり、動きやすさを兼ね備えたスーツはこれから若い世代から重宝されるものになるでしょう。機能性に特化させた生地は、これからも増え続け、快適なスーツスタイルが当たり前になってくるといえるでしょう。

リネン素材は、カジュアルだけでなくスーツとしても増えている

ファッション全体のリネン素材押しの流れから、スーツにもリネンやコットン100%素材だけでなくストレッチ性を加味したタイプまで幅広い提案がされています。また、カラーの提案も多く、ベージュはもちろん、カーキ・ブルー・ブラウンなど多様になっています。

オーダースーツなら、DAVID LAYERにお任せください

DAVID LAYERでは、お客様の個性・良さを最大限に引き出してくれる、極上の一着をお作りいただけます。
少しでも多くの方に手にとっていただきたいと考えています。そのため、お選びいただけるスーツの生地は10,000種類以上、裏地やボタンは2,000種類以上ご用意しております。スーツの色を考慮して、どの様な付属パーツがいいか、雰囲気にあったものをご提案させていただきます。

このようなコーディネイトによりスーツのグレードがさらに引き上げられるので、必ずお気に入りのスーツをお作りいただけると思います。また、スーツだけでなく、シャツやシューズ・タイなどのオーダーも承っております。私たちは、オーダースーツを通して、お客様に最高の喜びをご提供いたします!お問い合わせだけでも構いません。ぜひ一度ご連絡くださいませ。

〒150-0034
東京都渋谷区代官山町18-6ACN代官山ビル1F
copyright(C)2021 DAVID-LAYER.TOKYO All right reserved.